レイチェル・カーソン日本協会関東フォーラムは11月17日(土)、日比谷図書文化館地下大ホールで坂田雅子監督の映画「わたしの、終わらない旅」の特別上映会を開催する予定です。

当日は午後1時開場、1時30分開演。第1部が映画上映。第2部がレイチェル・カーソン日本協会会長の上遠恵子さんと坂田雅子監督のトークセッション。

坂田雅子監督はこれまでに「花はどこへいった」「沈黙の春を生きて」によってベトナムとアメリカの世代を超えた枯葉剤の被害を描いてきましたが、今回の作品では、福島原発事故を経験するなかで母が遺した一冊の本に導かれ、フランス、マーシャル諸島、カザフスタンなど「核」で汚染された地域で生きる人々をみつめています。上映時間78分。

参加費1000円。

お問い合わせ・申し込みは下記まで。

TEL&FAX04-7184-5795(島藤)。

メール:5995xj@bma.biglobe.ne.jp